• ホーム
  • 不妊治療や予防に使われるピルのデメリット

不妊治療や予防に使われるピルのデメリット

経口避妊薬ピルの主成分は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。
これらのホルモンを外から補給すると、体が妊娠したと勘違いして排卵を止めます。
そのため妊娠を避けられるという仕組みです。
長年飲みつづけると不妊になると心配する人もいますが、そんなことはありません。
むしろ逆に、ピルが不妊の治療や予防に使われるケースも数多くあります。

ピルを止めると正常な月経が再開します。
そこで不妊治療のひとつとして、生理周期を規則的に整え、排卵日を正確に計算するためピルが用いられます。
また黄体ホルモンが少ない人は、子宮内膜がはがれやすくなり、妊娠しても流産の可能性が高くなります。
黄体ホルモンを補充することは、妊娠の維持に効果があります。

不妊の原因のひとつに子宮内膜症があります。
子宮内膜症は、卵管や卵巣などの内膜がはがれ、出血する病気です。
そのリスクは生理が来て、子宮内膜がはがれるたびに発生します。
初潮から初めての妊娠までの期間が長くなるにつれ、日本では子宮内膜症の患者が増えつづけています。
ピルを服用すると生理が軽くなるため、このリスクが低下するとされています。
ですから避妊目的ではなく、将来の不妊予防のために使用している人も少なくありません。

ピルには吐き気や頭痛、体重増加などのデメリットがあるとも言われています。
これらの副作用は、ホルモン量の多い高用量や中用量のピルではしばしば見られましたが、現在ではデメリットの少ない低用量のピルが用いられています。
とはいえ高血圧や血管系の病気がある人は服用できないなど、医薬品としての制限もあります。
不妊治療や予防を考えているなら医師に相談し、デメリットを理解した上で使用するようにしてください。