女性の脂質異常症は更年期が関係している?

女性は40代半ばを過ぎると卵巣の働きが低下して、体に様々な変化が現れます。また、更年期には仕事やプライベートなど環境の変化が起こりやすい時期のため、不調が現れやすい状況です。

とくに更年期には生活習慣病になるリスクが上昇し、その中でも今回こちらで紹介するのは“脂質異常症”です。

脂質異常症は放置していると重篤な病気を引き起こす恐れがあるため、更年期に差し掛かる女性は気をつけましょう。

脂質異常症の症状について

ドロドロの血液

血液中に含まれる脂質にはコレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸があります。

当然、脂質は健康に過ごすために必要な栄養素の1つですが、体内の脂質が多すぎると健康に悪影響を及ぼします。

脂質異常症は高脂血症とも呼ばれており、血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪(トリグリセリド)が多い、あるいは善玉コレステロール(HDLコレステロール)が少ない状態を指します。

血液中にこうした余分な脂質が多くなると血液がどろどろの状態になり、動脈硬化を引き起こしやすくなります。すると、心筋梗塞や脳卒中など命に関わる病気の発症リスクを高めることとなります。

そもそも、善玉コレステロールと悪玉コレステロールはどちらも同じ「コレステロール」ではありますが、悪玉コレステロールは血管の壁へ侵入し、動脈硬化を引き起こします。その一方で善玉コレステロールは動脈硬化を進行させない作用があります。そのため、善玉コレステロールが少なくなると血液中に悪玉コレステロールが蓄積されやすくなります。

なお、脂質異常症は自覚症状がほとんどありません。

当然、無症状だから健康に問題がないわけではなく、静かに症状が進行していますので注意が必要です。

そうでなければ、ある日突然心筋梗塞の発作で倒れてしまう可能性があるので、放置せずに治療と向き合う必要があります。

脂質異常症の原因

脂質異常症を引き起こす原因は、主に“食生活”にあります。

食事によって摂取する脂質の量が増えるほど脂質異常症のリスクが高まり、健康状態は悪化します。

先程もお伝えした通り、脂質異常症は悪玉コレステロールや中性脂肪の摂りすぎ、あるいは善玉コレステロール不足によって発症します。

脂質異常症になりやすい食生活

動物性脂肪が多い食事

動物性脂肪が多く含まれている肉類(とくに脂身の多い部位や加工品)、乳製品(生クリームやバター)、コレステロールが多く含まれている食品(魚卵や鶏卵)をたくさん食べている場合、悪玉コレステロール値が高くなります。

暴飲暴食

脂質異常症の大きな原因として、飲み過ぎや食べすぎによるカロリーの過剰摂取が挙げられます。また、高カロリーの食事だけでなく、お酒は中性脂肪を増加させることが分かっているので、お酒をよく飲む方も注意が必要です。

上記は主に悪玉コレステロールと中性脂肪が高くなる食生活ですが、加えて運動不足、喫煙、偏った食事などの生活習慣によって善玉コレステロールが減少してしまいます。そのため、食事だけではなく、生活習慣にも気をつける必要があります。

また、脂質異常症は遺伝することもあり、身内に脂質異常症の方がいる場合には「家族性高コレステロール血症」の可能性があります。

女性は卵巣から分泌されるエストロゲンによって脂質代謝が助けられているため、男性に比べて脂質異常症になりにくい傾向があります。しかし、閉経によってエストロゲンの分泌量が激減すると脂質代謝が変動し、50歳を超えると女性の脂質異常症患者が急激に増加します。

なお、に下記に当てはまる項目が多いほど動脈硬化のリスクが高まりますので、これまでの生活を見直しましょう。

動脈硬化のリスクが高い方

・男性45歳以上、女性55歳以上

・高血圧

・糖尿病

・喫煙習慣がある

・低HDLコレステロール血症

脂質異常症の検査

ナースが採血

脂質異常症は進行すると命を落とす恐れがある危険な病気です。しかし、脂質異常症は症状がないため、自ら気づくことはできません。そのため、定期的に病院で検査を受ける必要があります。

検査できる診療科は内科、循環器内科、血管外科などが該当し、脂質異常症であるかどうかは基本的に血液検査によって診断することができます。

中性脂肪は食後ゆっくりと上昇するため、正確に診断するためにも空腹状態(絶食10時間以上)で採血を行ないます。

採血の結果が下記のいずれかに該当した場合、脂質異常症と診断されます。

・LDLコレステロール 140㎎/dl以上(高LDLコレステロール血症)

・HDLコレステロール 40㎎/dl未満(低HDLコレステロール血症)

・中性脂肪 150㎎/dl以上(高中性脂肪血症)

また、上記の基準値を超えている場合には他の病気を併発していないか検査されることもあります。

定期的に検査を受けていることで早期発見早期治療が可能となるため、自覚症状が全く無い場合でも健康診断を受けるようにしましょう。

脂質異常症の治療法

指を指す女医

脂質異常症は上記でも紹介した数値を元に診断されますが、性別、年齢、喫煙習慣、家族の既往歴などの危険因子の数や状況は人それぞれ違います。そのため、すべての方が同じ治療を受けるわけではありません。

脂質異常症の治療は「動脈硬化を進行させない」ことのため、基本的には食事療法と運動療法になります。

食事療法

脂質異常症は食生活の影響を大きく受けていますので、食生活の改善は必須となります。

具体的な食生活のポイントについては次項で紹介していますが、肥満体型(肥満傾向含む)の方は、まずは標準体重まで減量することが大切です。

標準体重は、

「身長×身長×22」 ※身長はm(メートル単位で計算)

運動療法

体を動かすことは脂質異常症の治療だけでなく、心身の健康にも有効です。

特に有効性が高いのは有酸素運動で、なるべく毎日行なうほうがよいでしょう。

ただし、負荷の強い運動は体力的にも精神的にも続きませんので、無理のない程度の運動から始めましょう。

ウォーキング、水泳、サイクリング、エアロビクスなど自分に合った有酸素運動を1日30分以上楽しみながら続けるのがコツです。

毎日運動するのが大変な場合には週3回を目安に、運動する時間を確保できない場合には徒歩移動を中心にする、階段を積極的に使うなどで体を動かすよう心がけましょう。

薬物療法

食事療法と運動療法を行なっても脂質異常症が改善されない場合、次のステップとして薬物療法が行われます。

治療薬にはLDLコレステロールや中性脂肪を低下させる作用のある薬剤や動脈硬化を改善する薬剤などがあり、動脈硬化のリスクを抑えることが可能です。

ただし、薬物療法を行なう場合でも食事療法と運動療法は続ける必要があります。

脂質異常症を防ぐための食生活を

ご飯とおかず

現在は食材や飲食店が豊富で、普通に食事をしているだけでカロリー過多になりやすい傾向があります。

脂質異常症の治療でも食事療法が基本となりますが、そうでない方でも健康のためには食生活に注意する必要があります。

ここでは、脂質異常症を防ぐための食生活のコツをご紹介します。

摂取カロリーの制限

目安は標準体重×25〜35kcal

身体を動かす上でエネルギーは必要不可欠ですが、余分なカロリーを摂取している場合には脂質異常症や肥満になる可能性が高いです。そのため、本来自分の体が必要としているカロリーを計算してみましょう。(標準体重の計算方法については上記で紹介しています)

脂肪は動物性を控える

植物性もしくは魚の脂肪を摂る

脂質の中でも飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪(肉類に含まれる脂肪、ベーコン、洋菓子、脂肪分の多い乳製品など)は、悪玉コレステロールを高める作用があります。

その一方で不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪(魚類の脂肪、植物性の脂肪など)は悪玉コレステロール値を低下させる役割があるため、脂肪を摂取するなら不飽和脂肪酸を選びましょう。

糖類やアルコールの摂取を控える

こうした食品を多く摂取していると中性脂肪が増加しますし、肥満に繋がります。とくに夜寝る前の摂取は避けるようにしましょう。

食物繊維を積極的に摂る

目安は1日25g以上

食物繊維を豊富に含有する食品(海藻類、きのこ、イモ類、果物など)はコレステロールを低下させる働きがあります。食品を変えながら食事に取り入れることで、飽きることなく続けられるでしょう。