便秘

便秘とは排便回数の減少や残便感が生じる症状です。普段の生活で便秘になることもありますが、更年期になるとさらに便秘を起こしやすい傾向があります。また、便秘が続くと腹部の膨張感や排便が困難になるといったトラブルもあり、日常生活に影響を及ぼす恐れがあります。

更年期障害で便秘が起こる原因

便秘女性

もともと女性は男性に比べて便秘になりやすい傾向があります。

というのも、女性は便意を我慢してしまう習慣や便を押し出す力が弱いため、便秘の症状が起こりやすいのです。

また、更年期になると運動不足や筋力低下に加えて、女性ホルモンの分泌量が減少します。

すると、自律神経は乱れて腸の蠕動運動が鈍くなり、便秘や排便できても量が少ない状態を起こします。

便秘はどんな症状?

女性の多くは便秘を経験したことがあるかと思いますが、更年期になると便秘の頻度が高まります。

  • コロコロとした固い便が出る
  • 毎日排便があるものの残便感がある
  • 昔と比べて排便回数が減った
  • 便秘と下痢を繰り返すく

なお、便秘と下痢を繰り返す場合、過敏性腸症候群の可能性があります。他にも便秘は肛門を圧迫して血行不良を起こしますので、痔を起こしやすくなるため注意が必要です。

更年期障害で便秘が起こるメカニズム

医者

通常、食べ物は小腸や大腸へと移動しながら消化吸収され、最終的には便になって肛門から排出されます。

しかし、更年期になると交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、臓器に様々な不調をもたらします。こうした自律神経の乱れは腸の蠕動運動に影響を与え、本来排出されるはずの便がお腹に溜まってしまいます。

特に更年期は家庭や職場、経済など様々な悩みを抱えやすい時期でもありますので、ストレスによって便秘を悪化させる傾向があります。

便秘の対処方法

便秘は日常生活である程度予防することができます。

例えば、食生活ではスムーズな排便を促すために食物繊維や水分を積極的に摂取するようにしましょう。

また、便を押し出す力が弱い場合には腹筋を中心としたストレッチなどを行なうことをおすすめします。他にも薬局やドラッグストアでは腸内環境を整えるサプリメントもありますので、ケースバイケースで取り入れてみるのも良いでしょう。

ただし、便秘の症状が長く続く、あるいは便に血が混じっている場合には、消化器疾患の恐れがあるため病院を受診してください。

更年期障害の治療法についてはこちらの記事で紹介しています。

更年期障害の治療法について
更年期障害の治療法について
更年期障害は適切な治療を行うことで症状を軽減することができます。医薬品を使用したHRTが有効とされていますが、医薬品に頼らない治療を選ぶこともできます。