めまい

めまいは更年期障害でよく現れる症状の一つです。代表的な症状といえばホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)をイメージされることが多いですが、実際にはめまいやふらつきに悩む女性のほうが多いと言われています。こうした症状は大きな怪我や事故にも繋がることもあるため注意が必要です。

更年期障害でめまいが起こる原因

頭痛に悩む女性

めまいが起こる主な原因は、自律神経の乱れです。

閉経前になると卵巣機能が低下し、様々な面で健康を支えている女性ホルモンが分泌されなくなります。すると、自律神経が混乱を起こして脳へ送られる血液量が一時的に少なくなります。その結果、めまい・ふらつき・立ちくらみといった症状を引き起こします。

めまいはどんな症状?

めまいにはいくつか種類が存在していますが、その中でも更年期によるめまいは非前庭性目眩と呼ばれる種類です。

非前庭性目眩は平衡機能に問題はないのですが、ある状況下で一時的にふらつきが起こる症状です。

非前庭性目眩

  • お風呂から出ようと立ち上がる瞬間に頭がクラクラする
  • 眼の前が一瞬真っ暗になる
  • 椅子から立ち上がったときにふらつく

更年期によるめまいは、上記のような症状がない場合でも吐き気、食欲不振、消化不全などの消化器症状が現れやすくなります。
また、もともと貧血気味の方は更にめまいや立ちくらみを起こしやすい傾向があります。

更年期障害でめまいが起こるメカニズム

原因

めまいの多くは平衡感覚に起きる障害が原因で、耳の奥にある前庭や三半規管に異常が生じることで周囲が回って見えたり床が揺れているように感じます。

しかし、更年期に起きるめまいは耳や脳には異常がなく、自律神経が乱れることが原因で起こっています。

脳の中で女性ホルモンの分泌を促す指令を出す部位と自律神経をコントロールしている部位が近く、互いに影響を受けやすいのです。

そのため、血圧を維持している交感神経の働きが悪くなり、立ち上がる瞬間にめまいを起こしやすくなります。

めまいの対処方法

安静にする女性

更年期障害で現れる症状の多くは日常生活において予防することができますが、めまいに関してはいつ起こるか分からないため、予防が困難です。しかし、実際にめまいが起こった際に対処することは可能です。

めまいが起きた場合の対処法として、まずは慌てずに安静になることが大切です。

めまいやふらつきを感じると、そのまま転倒して怪我や事故を起こしてしまう恐れがあり危険です。そのため、落ち着くまでは無理に動かずに休んでください。

また、他にもストレスによって自律神経の乱れを悪化させないためにも十分な睡眠と休息を取るよう心がけましょう。

症状が辛いときは・・・

カプセルと錠剤

めまいや立ちくらみというのは一時的な症状ではあるものの、怪我や事故に繋がる可能性があります。そのため、めまいや吐き気を起こすことが増えたという場合には、我慢せずにHRTや漢方を活用しましょう。

なお、病院へ行くことに抵抗があるという場合でも、現在は病院を受診しなくても個人輸入代行で医薬品を購入することができるため、より手軽に更年期障害の治療に取り組んでいただけます。

更年期障害の治療法についてはこちらの記事で紹介しています。

更年期障害の治療法について
更年期障害の治療法について
更年期障害は適切な治療を行うことで症状を軽減することができます。医薬品を使用したHRTが有効とされていますが、医薬品に頼らない治療を選ぶこともできます。