疲労感や倦怠感

加齢の影響もありますが、更年期になると今まで以上に慢性的な疲労感や朝から強い倦怠感などを感じやすくなります。
これらの症状は更年期障害に悩むの約7割と多くの方が悩んでおり、更年期疲労と呼ばれることもあります。

疲れは男女や年齢を問わず誰でも感じるもののため、更年期障害と気が付かない場合も多いですが、更年期障害の症状であった場合は早めに適切な対処をすることで症状を改善できる可能性があります。
このページでは疲労感や倦怠感、更年期障害の関係性などを紹介しています。

更年期障害で疲労感や倦怠感が起こる原因

倦怠感を感じている女性

更年期に見られる慢性的な疲労感や強い倦怠感はなぜ起こるのか?その明確な理由はまだ明らかになっていません。
しかし、閉経に伴い自律神経の乱れが起こり、体やこころに様々な影響を及ぼしていることが原因と考えられています。

その結果、睡眠の質の低下や血行不良などを招きます。
睡眠の質の低下によって満足な睡眠が取れず疲れが取れにくくなりますし、血行不良は体温や臓器機能の低下を引き起こし疲れが溜まりやすい体になってしまいます。

疲労感や倦怠感はどんな症状?

一日の仕事を終えた後や体を使った作業などを行った場合に疲れを感じることは自然なことですが、以下のような症状を朝から何もしていないにも感じる場合は更年期疲労の可能性があります。

  • 体が重たいと感じる
  • 体がだるい
  • 起床後も疲労感が残っている
  • やる気が起こらない
  • 以前よりも疲れやすくなった

これらの症状が感じている中、家事や仕事が思うように進まないことがあると、気分が落ち込んだり焦ったりする方がいらっしゃいます。
その状態が続くと抑うつなどの心の病を更に引き起こすおそれがあります。
そのため「これは病気だから仕方がない。」と割り切って休息を取ることも大切です。

更年期障害で疲労感や倦怠感が起こるメカニズム

女性ホルモン変化グラフ

更年期障害で現れる症状の大半は自律神経の乱れによって起こります。
では、なぜ更年期を迎えると自律神経が乱れてしまうのでしょうか。

更年期になると女性には閉経というはっきりとした変化があります。
閉経後は女性ホルモンの分泌が停止し、体は女性ホルモンが足りない状態となってしまいます。

そこで脳は足りなくなった女性ホルモンの分泌を促すよう司令を出します。
しかし、既に女性ホルモンを分泌する機能は停止しているため、司令どおりにならず脳は混乱し、体やこころに様々な悪影響が出てしまうというわけです。

疲労感や倦怠感の対処方法

リラックスする女性

疲労感や倦怠感への対症療法として、最も有効な方法は十分な休息を取ることです。
その際は職場の上司や同僚、夫や子供たちなど周りの理解を得ることが出来れば、気兼ねなく休むことができるためストレスも少なくなります。

他にもバランスの良い食事や適度な運動など規則正しい生活を送ることも大切です。
女性ホルモンの減少は更年期障害だけでなく、生活習慣病のリスクも高める原因にもなっているため、予防を兼ねて更年期前から備えておくことをおすすめします。

症状が辛いときは・・・

病院の待合室

更年期障害の中でも日常生活にも影響が出ており、なんらかの治療を受けなければいけない人は約4割いると言われています。
しかし、その4割の方たちの中には病院に行かずに一人で抱え込んでおられる方がいて、決して少ない数ではないと言われています。

更年期を迎えた後は些細な体調の変化であっても婦人科や女性外来などにまずは相談することをおすすめします。
更年期障害用の治療にはホルモン補充療法(HRT)が有効とされており、それらの薬は個人輸入代行サイトを利用すれば病院などに行くことなく購入することができるため、こちらもおすすめです。

更年期障害の治療法についてはこちらの記事で紹介しています。

更年期障害の治療法について
更年期障害の治療法について
更年期障害は適切な治療を行うことで症状を軽減することができます。医薬品を使用したHRTが有効とされていますが、医薬品に頼らない治療を選ぶこともできます。