イライラ感

更年期になると、怒りっぽい性格になってしまったり些細なことで苛ついてしまうといった変化が現れます。
しかし、イライラというのは普段から起こる感情の一つのため、更年期による症状だと気付かない方も居ます。

また、イライラしても「更年期だから・・・」と諦めたり我慢するのではなく、しっかりと向き合うことで楽に更年期を乗り切れるようになります。

こんなコトに心当たりはありませんか?

更年期を迎えると様々な変化が心身ともに現れます。
そんな中で以下のことに心当たりはないでしょうか?

  • これまで何も感じなかったことでも気に触るようになった
  • 気がつけば声を荒立てていた
  • 周りから怒りっぽくなったと言われる
  • 家族や友人にキツく当たってしまう

更年期前に比べてこれらのことが増えていると感じている、または増えたと指摘を受けている方は要注意です。
イライラしたり怒りっぽくなるのは更年期の代表的な症状の1つです。

イライラ感と更年期の関係

イライラする女性

更年期を迎え急に苛立ちやすくなる主な原因は自律神経の乱れです。

怒りや恐怖などの感情は自律神経によってコントロールされています。
厳密には自律神経には2つの種類があり、その1つである交感神経は覚醒・怒り・恐怖などの感情を、もう1つの副交感神経はリラックス・睡眠中・安定などの感情をコントロールしており、この2つのバランスが維持されていることで体調や感情が安定しています。

更年期になり閉経を迎えると卵巣では以前と同じように女性ホルモンを分泌することができなくなってしまいます。
しかし、脳の視床下部からは女性ホルモンの分泌を促す命令が変わらず出ているため、命令通りにならないことに脳は混乱し体調や感情をコントロールしている自律神経も乱れてしまいます。

その結果、交感神経と副交感神経のバランスが偏ってしまい、以前より怒りっぽくなってしまったり、自分の意志とは関係なくイライラするような症状が現れるというわけです。

症状が辛いときは・・・

病院イラスト

怒りっぽい性格になると自分自身が疲れるだけでなく、周囲の人に不快感を与えてしまいます。

更年期障害は一人で抱え込んでしまう方が多いですが、症状が辛いと感じた際は病院やクリニックへ相談すると良いでしょう。

女性外来のある病院が近くになかったり、頻繁に通院する時間が取りにくい人には個人輸入代行サイトをおすすめします。

個人輸入は通販のため通院の必要がなく、診察料などもかからない点が大きなメリットです。

個人輸入で購入できるおすすめのサプリとお薬

更年期障害への根本的な対処としてはホルモンバランスそのものを整えるためのプレマリンなどのお薬が効果的です。
プレマリンは国内でも処方されていますが処方箋が必要なお薬です。しかし、個人輸入代行サイトを利用すれば処方箋を必要とせず購入することが出来ます。

プレマリンの購入はこちら

対症療法としてはストレスの軽減や精神のバランスを整えてくれるジェリフォルテがおすすめです。
ジェリフォルテはサプリメントのため、副作用などの心配がないためお薬に対して不安がある方に人気があります。

ジェリフォルテの購入はこちら