頭痛

誰しも頭が痛いと感じることはありますが、更年期になると多くの女性が頭痛の症状を訴えます。更年期に現れる頭痛には片頭痛と緊張型頭痛が挙げられ、これまでも頭痛に悩まされていた方であれば症状が悪化することもあり、ひどい場合には日常生活に支障が出てしまうこともあります。

更年期障害で頭痛が起こる原因

更年期症状による頭痛は女性ホルモン(エストロゲン)の低下が関係しています。

片頭痛が起こる原因

片頭痛とは頭の片側が脈打つように痛みが生じる頭痛で、女性に多いとされています。というのも片頭痛は女性ホルモンと深い関係があり、月経時の女性ホルモン低下時に現れやすい傾向があります。とくに閉経前のゆらぎが大きい時期は症状が悪化しやすく、精神症状も出やすいとされています。

緊張型頭痛が起こる原因

緊張型頭痛は頭が締め付けられるような強い痛みがある繰り返される頭痛で、こちらも男性より女性が多いとされています。

エストロゲンとの関係に関しては不明点が多いものの、閉経後に症状が悪化したあるいは変わらないと訴える方が多く、加齢による運動不足や肥満なども発症の要因であると考えられています。

頭痛はどんな症状?

更年期になると頭痛の症状で悩まされる女性が増えます。主な頭痛は2種類あり、それぞれで現れる症状が異なります。

片頭痛

  • 頭の片側だけがズキズキと痛む
  • 光や音に過敏なり、痛みがひどくなることがある
  • 吐き気を伴うことがある

緊張型頭痛

  • 頭全体が痛い
  • 締め付けられるような強い痛みがある
  • 吐き気が伴うことはない

頭痛によって治療・対処方法が異なるため、頭痛がある場合にはどちらに当てはまるか観察しましょう。また、中には異なる病気が潜んでいることもあるため、気になる場合には病院を受診しましょう。

更年期障害で頭痛が起こるメカニズム

片頭痛

偏頭痛のメカニズムについては完全に解明されていませんが、温度変化による血管拡張、アルコールやカフェインの摂取、睡眠不足などによって血管が拡張、あるいは痛みの伝達に関与する三叉神経核が過敏になることで痛みが生じます。

また、更年期に女性ホルモンの分泌が急激に減少すると自律神経が乱れ、様々な器官をコントロールできなくなることで頭痛を引き起こします。

緊張型頭痛

緊張型頭痛は長時間同じ姿勢でいることによる首・肩・腰などの筋肉の疲労、不安や悩みによる精神的ストレスによって神経や筋肉が過度に緊張することで引き起こします。

緊張型頭痛は更年期と関係しているとは言い切れませんが、更年期の時期は夫の定年、子供の自立、親の介護など様々な問題が重なり、精神的ストレスを感じやすいです。さらに、加齢に伴う血流悪化によって緊張型頭痛を引き起こしやすい傾向があります。

頭痛の対処方法

頭痛の対処方法としては、基本的には休息が大切です。

リラックスすることでストレスや疲労は軽減されますし、頭痛以外の症状も改善されるケースがあります。

片頭痛の場合には血管の拡張を抑えるために冷やす、アルコールやカフェインの摂取を控えるなども有効です。

緊張型頭痛の場合にはこまめに姿勢を変える、血流改善のために運動やストレッチを行なうといったことを取り入れると良いでしょう。

症状が辛いときは・・・

頭痛というのは日常的に悩まされる症状でもあり、軽く考えてしまう方も居ます。しかし、痛みを抱えたままでは仕事や生活に支障が出てしまうため、痛みを我慢せずに医薬品を活用しましょう。

ドラッグストアでは頭痛に有効な鎮痛剤や漢方薬などもありますし、病院では頭痛の原因となる不足している女性ホルモンを補うための薬も処方してくれます。

更年期障害の治療法についてはこちらの記事で紹介しています。

更年期障害の治療法について
更年期障害の治療法について
更年期障害は適切な治療を行うことで症状を軽減することができます。医薬品を使用したHRTが有効とされていますが、医薬品に頼らない治療を選ぶこともできます。