動悸・息切れ

動悸更年期障害の症状の中には、胸がドキドキしたり息苦しく感じたりすることがあります。こうした動悸や息切れの症状自体は誰もが感じたことがあるかと思いますが、更年期障害の場合には理由なく症状が現れます。

更年期障害で動悸・息切れが起こる原因

動悸や息切れが生じる原因は、自律神経の乱れが大きく関係しています。
更年期前は脳から出される指令によって女性ホルモンが分泌されていましたが、加齢に伴い卵巣機能が低下すると脳が司令を出しても女性ホルモンが分泌されなくなります。
その結果、自律神経や免疫に関与する脳の視床下部は混乱を起こし、脈拍や呼吸などが乱れてしまいます。

動悸・息切れはどんな症状?

更年期障害で現れる動悸や息切れというのはどういった症状なのでしょうか?

  • 何もないのに急に胸がどきどきする
  • 寝ているときに動悸がすることがある
  • 突然息苦しさを感じる
  • 普通に過ごしていて脈拍が早くなる

また、こうした動悸・息切れというのは、緊張や悩みを抱えているときに起こりやすい傾向があります。

更年期障害で動悸・息切れが起こるメカニズム

日常生活における動悸や息切れというのは、過剰に興奮や緊張を感じる場合に生じます。
というのも、心拍というのは自律神経によってコントロールされており、興奮や緊張を感じると自律神経の交感神経が活発になり、心拍が上がります。

しかし、更年期障害の場合には過剰な興奮や緊張状態でなくても心拍数が上がり、息切れを感じることがあります。これは、女性ホルモンバランスの急激な変化によって自律神経が乱れ、心臓をコントロールできなくなることが原因です。
また、女性ホルモンのエストロゲンには血管を保護する作用もありますが、更年期になるとエストロゲンが分泌されなくなるため、動悸をはじめとする循環器症状が現れやすくなります。

動悸・息切れの対処方法

更年期障害では複数の悩みを抱える方が多く、基本的には各症状に対する対処療法を行なっていくことになります。
動悸・息切れの場合、発作を自覚したときになるべくリラックスするようにしましょう。
楽な姿勢で安静にして、深い呼吸を行ないましょう。ゆっくりとした呼吸を何度か繰り返すことで動悸が治まっていきます。
ただし、動悸や息切れというのは他の病気が隠れていることもあるので、少しでも異変を感じた場合には医師への相談をおすすめします。

症状が辛いときは・・・

動悸や息切れの発作が生じた場合、リラックスすることである程度症状を緩和させることができますが、医薬品の力を借りることも1つの手です。
更年期障害の治療薬として用いられるホルモン補充療法(HRT)は、動悸や息切れなどの血管運動神経症状にたいして高い有効性があります。また、体への負担が少ない複数の生薬が配合された漢方薬、発作が気になるときには向精神薬などの選択肢もございますので、症状が辛いと感じたときには無理なく医薬品を活用しましょう。

更年期障害の治療法についてはこちらの記事で紹介しています。

更年期障害の治療法について
更年期障害の治療法について
更年期障害は適切な治療を行うことで症状を軽減することができます。医薬品を使用したHRTが有効とされていますが、医薬品に頼らない治療を選ぶこともできます。