むくみ(浮腫)

卵巣機能低下に伴いエストロゲンの分泌量は減少し、体にあらゆる影響を与えます。その中でもむくみというのは多くの更年期女性を悩ませています。

通常、血液というのは心臓から送り出され、全身を巡って再び心臓へと戻ります。しかし、血流が悪くなると血液に含まれる余分な水分が血管外へ染み出し、皮膚と皮下組織内に溜まり、むくみが生じます。

更年期障害でむくみが起こる原因

むくみはホルモンバランスの乱れが大きく関係していることが判明しています。

更年期になると女性ホルモンのエストロゲンは急激に減少し、血管の収縮や拡張を担っている自律神経に乱れが生じます。同時に年齢を重ねるとリンパ液の流れも悪くなることで全身のめぐりが悪くなり、むくみを引き起こしやすくなります。

むくみはどんな症状?

昔はほとんどむくみで悩むことがなかったという女性でも、更年期に入り下記のような症状が気になり始めたという場合には更年期症状が考えられます。

  • 夕方になると足がむくんで靴が窮屈になる
  • 朝起きると顔がパンパンになっている
  • 指輪のサイズが小さくなったように感じる
  • むくみで体がだるくなる

むくみは一般的な症状ではあるものの、むくみで体型や顔が変わることで外出が億劫になってしまったり、人に会うのが恥ずかしいと感じてしまいます。また、むくみによって体重が増加することもあります。
さらに、冷え性の方はむくみが現れやすい傾向がありますので注意が必要です。

更年期障害でむくみ(浮腫)が起こるメカニズム

一般的にむくみが生じる主な原因の1つとして血行不良が挙げられます。

時間同じ姿勢でいる、体の冷え、筋肉不足などは血流を悪化させる大きな要因となります。特に女性は筋肉量が少なく血液を送り出す力が弱くなるため、むくみやすくなります。さらに、水分・塩分・アルコールの過剰摂取などによって血管内の水分が染み出しやすくなります。

上記の理由によって普段からむくみで悩む方は多く居ますが、更年期になると更にむくみやすくなります。

その理由は更年期になるとホルモンバランスが急激に変化し、自律神経が乱れます。その結果、血管の働きが悪くなり、血液の流れが滞ってしまうというわけです。

むくみ(浮腫)の対処方法

更年期症状には多くの症状があり、体調によって現れる症状が変わることもあります。しかし、更年期症状の中でもむくみというのは比較的簡単に対処することができます。

例えば、血行をよくするためにお風呂へゆっくりと浸かる、マッサージをする、適度に水分を摂取すなどを行なうと良いでしょう。また、食生活では利尿作用、血行促進作用、抗酸化作用などが含まれる食品を積極的に摂取することをおすすめします。さらに、塩分の過剰摂取を控えることを意識しましょう。

症状が辛いときは・・・

日常生活でむくみを改善する対処方法はいくつかありますが、思うように改善されないといった場合には医薬品に頼ってみてはいかがでしょうか。

病院、ドラッグストア、個人輸入代行などで扱われている医薬品には様々な種類があり、体内の余分な水分を排出する利尿剤、更年期障害の原因となっている女性ホルモンを補うHRT、血行を改善する漢方薬などがあります。

そのため、症状や悩みに合わせて自身に合った方法を選びましょう。

更年期障害の治療法についてはこちらの記事で紹介しています。

更年期障害の治療法について
更年期障害の治療法について
更年期障害は適切な治療を行うことで症状を軽減することができます。医薬品を使用したHRTが有効とされていますが、医薬品に頼らない治療を選ぶこともできます。