嘔吐感

更年期はすべての女性に訪れますが、更年期に現れる症状は個人差が大きいです。体調不良をほとんど感じることなく過ごせる方もいれば日常生活に支障が出るほど辛い症状を抱えている方も居ます。

中でも吐き気は更年期に現れる代表的な症状の1つで、気分の悪さから外出が億劫になってしまう女性が多く居ます。

更年期障害で嘔吐感が起こる原因

更年期に現れる嘔吐感(吐き気)は、自律神経の乱れが大きく関係しています。

更年期になると卵巣機能の低下によってエストロゲンの分泌量が激減し、女性ホルモンバランスが崩れます。すると自律神経も乱れ、胃腸の働きが悪くなり、吐き気をはじめとする消化器症状が現れます。

嘔吐感はどんな症状?

更年期になると胃腸の働きが低下し、様々な不調が現れます。

  • 胃がムカムカすることが増えた
  • つわりのような吐き気を感じる
  • 急に気分が悪くなる
  • 突然吐き気に襲われて嘔吐してしまうく

こうした症状が長期間続く、あるいは頻繁に生じる場合があります。
ただし、急性胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの消化器疾患の可能性もあるため、症状がひどい場合には病院の受診をおすすめします。

更年期障害で嘔吐感が起こるメカニズム

女性説明

更年期に生じる様々な症状は、女性ホルモンの低下が主な原因となります。

女性ホルモンは脳から卵巣へ指令が出されることで分泌されますが、閉経が近づくにつれて卵巣機能は低下し、女性ホルモンの分泌量が急激に減少します。

その結果、脳は混乱を起こして自律神経のコントロールができなくなります。

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類があり、24時間働き続けています。互いのバランスが保たれていること体温や代謝などが適切に調節されていますが、バランスが崩れてしまうと心身に様々な影響を与えます。

通常、胃腸は副交感神経が優位になっている状態で活動しています。しかし、更年期になると女性ホルモン減少によって自律神経が乱れ、交感神経が活発になります。この状態が続くことで胃粘膜が刺激され、吐き気や嘔吐が生じてしまいます。

嘔吐感の対処方法

お水

嘔吐の多くは前兆として胃の不快感がありますが、そうした症状を感じた場合には安静に過ごすようにしましょう。

また、嘔吐してしまった場合には再び嘔吐が誘発されないようにうがいを行ないます。嘔吐感が落ち着いてきたら水分補給をして脱水症状を防ぐことも大切です。

なお、更年期で嘔吐感が続くようであれば、消化吸収がよくて栄養バランスの整った食事を心がけるようにしましょう。

症状が辛いときは・・・

医者

実際に嘔吐をしなくても嘔吐感があると楽しみのはずの食事が苦痛になるなど、日常生活でのストレスが増えてしまいます。

そのため、嘔吐感が続くようであれば、我慢はせずに病院あるいはドラッグストアなどで医薬品や漢方薬を処方してもらうことをおすすめします。

ただし、嘔吐感の症状に応じて適切な胃腸薬や漢方薬が違いますので、注意が必要です。また、病院で扱われている更年期障害治療薬は嘔吐感だけでなく他の更年期症状にも有効なため、複数の辛い症状がある方は病院の診察をおすすめします。

更年期障害の治療法についてはこちらの記事で紹介しています。

更年期障害の治療法について
更年期障害の治療法について
更年期障害は適切な治療を行うことで症状を軽減することができます。医薬品を使用したHRTが有効とされていますが、医薬品に頼らない治療を選ぶこともできます。